鶯谷(台東区)
受付型ホテヘル
在籍
人数
160
只今
出勤
000
本日
出勤
000
新人
出勤
000
営業時間:10:00~23:00
03-6240-6881
口コミ投稿 お気に入り登録
白い巨乳 鶯谷店
口コミ
白い巨乳 鶯谷店
白い巨乳 鶯谷店
7
ルックス8 | マナー7 | プレイ8 | スタッフ6
体験日 2018/09/08
ニックネーム 引き出しの中のタイムマシン48号
お店の利用回数 0
女性の利用回数 0
お店・女の子を選んだ理由
「ぽっちゃりじゃないのに巨乳の女性って、ホントにいるのだろうか?」

・・・そんなグラビアの中だけの夢物語が、風俗なら実在するのか、、、検証しようと思い、
こちらのお店をピックアップし、いざ訪問!
あ、その前に、先に電話で予約予約っと。。。
とりあえず、行く日と時間を伝え、その時間に空いている「オッパイの大きい女性」というリクエストで
指名させてもらった。
予約時間の10分前に受付所に立ち寄り、オプションなどを最終確認して料金を支払い、
女の子より先に、ホテルへとむかいました。
ホテルの部屋に入ったらお店へ電話。10分ほどでピンポンがなりました。
プレイ内容の感想
実は、最初の都合では前日の7日に行こうと思ったんだけど、HPをみたら、
8日には「K-1」という月イチイベントの日らしい。。
じゃあ、8日にするしかないな、、と思い、スルッと8日に来店予約していた次第。

ホテルイン後、しばらくすると女の子が到着したらしく、ドアを叩く音がしたので開けてみると、
サラサラでつややかなロングヘアの女性が立っていました。 ・・・カワイイ。
招き入れたとき、ストロベリーのようないい香りがフワ~と部屋中に漂いました。
定番の初対面の挨拶とお店への確認電話が終わると、お嬢はお風呂の準備を開始。
お互いにセルフで洋服を脱ぐことにすると、彼女はまったく恥ずかしがるそぶりもなく、
ぱっぱっと服を脱いで、お風呂場へと入っていきました。
・・・ハハア~、、さては、ちゃんと脱ぎやすい恰好でやってきたようにお見受けしました。
なんとも、準備万端な子である。
シャワーできれいに洗ってもらった後、いっしょに湯船につかりました。
このときになって始めて、きれいな白い肌のたっぷりした乳房に目をひかれました。
正直な話、「白い巨乳!」という店名にしては、期待したほどの爆乳っぷりではなかった
のですが、でもふつうよりは大きくて、かつ美乳でした。
つんとした乳首もきれいな色で、湯船の中でもみもみしながら、突起物をイジイジさせてもらいました。

ベッドに移動し、お互いの身を寄せたところで「今日はどうして欲しいの?」と聞いてきました。
・・・イヤ、、どうしてほしいと言うか、、どうとでもしてもらう気持ちになっていたのですが、
そこはオトコの意地を見せ、「攻めが6で、受けは7で・・・」と、水割りを頼むように言ってみました。
「じゃあまず攻めてくれる?」ということでしたので、Dキスからスタート。
このときは責めることよりも、あっさりと「たしたら10超えてるやんけ!」というボケがスルーされたことが、
ムチャクチャ恥ずかしくなっていました。

全身舐めでは、やはり当初の目的であるオッパイを楽しみたかったので、乳首を中心にジックリと、
舐めまわしまくりました。
「ううん…」と、嬢が小さく声をもらして感じてくれていたようす。
さらに移動して脇腹のあたりを舐めようとすると、「そこはダメ~。くすぐったいのぉ~。」と、
ストップがかかってしまい、やむなく下半身へと移動。

「あのね…クリのすこし上が気持ちイイの・・・」と自己申告してきたので、そのへんを舐めてほしいのだろうと忖度し、
割れ目が合わさったあたりを入念に、ペロペロしてあげました。
「そう、そこイイ・・・!あぁ、、ゆっくり舐めてぇ~。。」
ラーメン屋であっさりとかこってりとか、麺硬めとかを頼むかのように、一つ一つの行為に、
細かく注文を付けられているようで、なんか「ハイハイ・・・」という投げやりな気分になりかけましたが、そこはそれ、、、。
乱暴にして嫌がられるよりはイイか・・と思いました。
思いっきり吸ったり、めくったりするような強い刺激はイヤがられそうでしたので、下から上へと
舌を繰り返し、舐めつづけてあげました。
「ああ、イイ・・・イイのぉ。。。」と、小さくかわいい声を出し続けてくれていたので、
気持ちよくなってくれてるのかな、、、ホントかな、、、いや、演技かも、、?と思ったりもしちゃいました。
ここで指を一本、彼女の中に入れてみました。とてもとてもやわらかい感触です。
こちらも、ゆっくり優しく動かしてみると、「ああ、もうすこし…もうちょっと…」などと言われ、
同時に舌をちょい早めに動かしてあげました。
すると、彼女が手を伸ばしてきて、こちらの頭と頬をなでながら、「ああん…」と、
彼女のむっちりした太ももに、ぎゅうっと挟まれながら、プルプル・・っと、小刻みに震え、
イッたようでした。

嬢の荒い息遣いが、ゆっくりになってきたとき、「…気持ちよかったあ。疲れちゃった?ゴメンね。こんどはわたしがしてあげるね♪」
と言い、おおいかぶさってきました。
チロチロと乳首から舐め始めてくれたのですが、細かく動く舌先がチョー気持ちイイ!
徐々に下に顔が移動していくと、長い髪が身体をカラダを撫でて、それもイイ気持ちです。
チンポは、すっぽりと口に含みジュポジュポ音を立てて舐めてくれました。
口から出すと、竿を握りながら、下から上に舐めあげてくれました。
「スマタ、好き?」と問われ、「あぁ、、まあ。。」と答えると、嬢は私の上にまたがり、
マウントポジションを取りました。(騎乗位ってことですね。)
腰の上で、上下に彼女の股が動いているが、ほんとにつながっているのかと錯覚するほどの密着感が、たまりませんでした。
顔の上では、そこそこに大きいオッパイが、ユッサユッサと、揺れています。
そうそう、コレコレ! 自分が何を検証しにきたのか、思わず忘れかけていたところでしたが、
揺れるオッパイを見て、ハッと思い出し、手を伸ばして、ムギュッ!とつかみながら、
揉んであげました。
指の腹で、右側の乳首をコリコリしてあげながら、左側の乳首をお口でチューチュー吸ってあげると、
「あぁ~ん・・・」と彼女も声を出して感じているようでした。
その声を聞きながら、チンポにも最後のときが近づいてきたので、そのまま勢いよくフィニッシュしました。 気持ちよかった。。。
女性の良い所
事後、HP嬢で確認してみたところ、「20歳」となっていましたが、見た目は、もう少し上じゃね?と、思いました。
ルックスは、カワイイ系で、全身からイイ香りがしました。
性格は、気さくな子でしたね。
なにをされたいのか、なにがイヤなのか、をハッキリ言ってくる女性なので、プレイ中に、
明らかなイヤな顔をしてきたり、「チッ!」とか舌打ちされて、場がシラケるのにくらべると、
全然イイ子やぁーと思いました。
スタイルはスレンダーで、女性らしいくびれもありながらも、オッパイは、程よく大きい巨乳でした。

・・・ということで、検証結果!
『ぽっちゃりじゃないのに、巨乳の女性は、ホントに実在した!』ということで。
いやぁ、、、世の中はまだまだ捨てたもんじゃないね☆

・・・とはいえ、先程のプレイ内容でも書きましたけど、巨乳がウリのお店だと思いますので、
もう少し大きい爆乳的な女の子で遊びたかった感は、ありました。   
お店の良い所
電話は丁寧で、説明も事細かに伝えてくれましたが、受付は少し一方的かな・・・と感じました。
伝えるべきことが多すぎて、こちらが聞いているかどうかは置いといて、とにかく話して伝えちゃおう、、みたいな、感じでしたので。
やや手際が悪いところもあり、受付所では、何かと時間がかかりました。
(店員さんが、慣れてない方だったのかな??)